奈良県北葛城郡の歯科医院「東谷歯科医院」はインプラント、歯周病、噛み合わせ、ホワイトニングなど行っております

東谷歯科医院
〒636-0073
奈良県北葛城郡河合町広瀬台3丁目11−11
TEL0745-72-6886

support@higashitani.jp
健康感が戻った!
歯周病、口内炎や口臭の方にもおすすめします。口腔にも腸管と同様いろいろな細菌が棲んでいることからラフィノースで予防して健康体に!
ラフィノース

歯周病治療について

 歯周病って?
よく耳にする歯周病。大人の5人に4人が歯周病といわれています。右の写真はレントゲンに写した歯槽膿漏の骨の状態です。歯肉からの出血やウミの出ている状態を放っておくと、知らず知らずのうちに歯根を支えている顎の骨が溶けてきます。コレがいわゆる歯槽膿漏(歯周病)なのです。歯周病(歯槽膿漏)の治療には必ずX線による診断が必要です。X線に写った骨の状態を見てその程度(進度)が分かります。

歯周病のレントゲン写真
 歯肉炎と歯周炎(歯周病)の違い
歯肉炎は歯面に付着したプラーク(歯垢)中に含まれる様々な炎症誘発因子や組織障害因子によって引き起こされます。また歯肉炎の発症を助長する局所的因子には、歯石、歯列不正、口呼吸、不適合な補綴物(入れ歯、ブリッジ)などがあり、全身的因子には栄養傷害、代謝異常、内分泌異常、免疫不全などがあります。 歯肉炎
歯周炎辺縁性歯周炎根尖性歯周炎に大別されます。辺縁性歯周炎は、歯肉辺縁部の軽度の発赤や腫脹を認める歯肉炎から進行し、発赤や腫脹の範囲や適度がしだいに増悪するに伴い、歯肉縁の退縮、歯槽骨頂の吸収や退縮が起こります。さらに、歯根膜が破壊されて深い病的歯周ポケットを形成し、歯周ポケットからの排膿や歯槽骨の水平的及び垂直的吸収を認め、歯はしだいに強く動揺するようになります。根尖性歯周炎は、むし歯などによる歯髄の細菌感染から根尖孔を通って歯周組織に炎症が起こったものです。症状から急性根尖歯周炎と慢性根尖性歯周炎分類されます。 歯周病(歯周炎)

 歯周病チェックをしてみましょう
歯周病は自分で気づいてない人がほとんどと言われています。歯周病はサイレントディジーズ(静かなる病気)と言われ、むし歯のように痛む事があまりありません。歯ぐきから腫れて赤くなったり、血が出たりすることがありますが、痛むことがあまりないので、発見が遅くなってしまいがちです。そのため歯が抜けてしまってからでは手遅れになります。発見が早ければ治療もしやすい病気です。健康的な歯肉は淡いピンク色で引き締まってます。あなたの歯肉はどうですか?

歯肉が赤く腫れている
歯肉から血が出ることがある。
いつも口臭がある
歯と歯の間に隙間が出来てる
歯肉が退縮して歯が長く見える
歯がグラグラする1本でもグラグラしたら要注意
歯肉がどことなく痛んだり、かゆい

さぁ、あなたの歯肉はどうでしたか?上記のチェックが1つでもあるようであれば、直ぐに歯科医院へご相談しましょう。どこにも異常がなくても、年に一度か二度は定期検診を受けるとよいでしょう。自分ではわかりにくい歯肉の状態を確かめてもらうことが歯周病の早期発見と予防になります。
東谷歯科医院は患者様に正しいブラッシング指導をしております。
また定期検診(予防歯科)をすすめています。お口の中が悪くならないように管理することにより口腔の健康の維持・増進、Quality of Lifeの向上に不可欠なことだと考えております


 歯周病予防と対策
一生、自分の歯で噛むためにも予防と治療が大切です。歯周病は知らないうちに歯を失う原因となります。しかし予防する事はできます。また、既に歯周病になっていても、早期なら治療でなおります。

@歯と歯ぐきを自分でチェック
歯ぐきの色が悪くなってきた。歯が細長く見えてきた。歯ぐき出血している。口臭がある…等の症状が現れてきたら、歯周病が考えられます。直ぐに受診しましょう。
A正しいブラッシング
ブラッシング(歯磨き)で歯周病の原因となる歯垢を毎日取り除いて、口の中を常に清潔にしておきます。軽度の歯周病ならブラッシングだけで治ります。「磨いている」と「磨けている」とは違います。歯垢を染め出す錠剤や液を使用したり、磨き方の指導をしてもらって正しいブラッシングを身につけましょう。
Bマッサージをしましょう
歯ブラシや指先で歯肉マッサージをすると歯周病に効果があると言われてます。
抗菌作用のあるハーブを併用するとより効果的です。当院では歯科用ハーブ(デンタルK)をオススメしています。>>>詳しくはこちらをご覧下さい。
C健康に気を付けましょう
お口の中は全身の健康状態をうつします。歯肉が赤く腫れたり、浮いたような時は、疲れてカラダの抵抗力が弱まっています。心と体の疲れをとり、規則正しい生活を心がけましょう
Dバランスのとれた食事とビタミンCを取りましょう
栄養のバランスの良いよい食事は、カラダだけでなく口の健康にも大切です。とりわけ歯周病にはビタミンCが効果的です。ビタミンCを多く含む、新鮮な野菜や果物を十分に摂りましょう

Copy right 2004(C) 東谷歯科医院. all rights reserved.